『医師・歯科医師の将来ビジョンを達成させる』 為のコンサルタントスタッフブログ

2017.01.30目標は年収1000万円?リタイア後の資産形成の「ボリューム」を決める

 Image of woman taking note

ファイナンシャルゴールが設定されれば、次はどの程度の資産を確保すればいいのか、
いわゆるボリュームが決まってきます。

ボリュームとは、ファイナンシャルゴール後の「必要金額」となります。
リタイア後は海外ロングステイをしたい、研究活動に戻りたいなど、
希望するライフスタイルに応じて収入と支出をシミュレーションして、
大まかな「ボリューム」を想定するといいでしょう。
AdobeStock_78425453 (1)

 以前のお話で、私は退職後の生活費は「現役時代の年収の6割程度あれば安心」という目安を説明しましたが、
私のところに相談に来られる方の理想のボリュームとしては、1000万円ほどを考えているケースが多く見られます。

また、リタイア後の収入の目安については「6050理論」を説明しています。
60歳までに月額50万円、年間で600万円の不労収入を確保するという考え方です。

ただし、この数値というのもあくまで目安です。
55歳で月額70万円を目指したいということであれば「5570」としてください。

このようにリタイアしたい時期と目標金額の両方を具体的に設定することで、
今後の資産形成のプランが立てやすくなります。どちらか一方が欠けてしまってはいけません。


資産形成の期間設定は、高収入の「開業後5~20年」の15年間で

ボリュームが決まったところで、次は資産形成の「期間(運用期間)」を設定します。
運用期間はファイナンシャルゴールから逆算して、長ければ長いほど有利になっていきます。

たとえば、年平均2%の運用益がある金融商品でも、
10年運用すれば単利計算で20%、複利計算21.89%になります。

複利とレバレッジで、長い期間運用できれば、それだけ低いリスクで大きなパフォーマンスを得ることが可能になるということです。

たとえば、1000万円を21.89%で運用できれば、
1218万9000円・元本に利子を合わせた金額で運用していく複利運用は、
金利の高い時には大きな効果をもたらします。

レバレッジというのは、簡単に言えば少額の手持ち資金で投資金額を大きくして、
より高い投資効果を狙う運用法。リスクはありますが、リターンも大きいということです。 

 ただし、資産形成のための運用期間の設定というのは、
その開業医の事情や開始する年齢によっても大きく異なります。

たとえば、50歳を過ぎてから相談に来られて、
「あと5年でリタイアしたいけれど、何も用意していない」とおっしゃる方もいます。

時間がないということはそれだけ、リスクの高い資産形成を行なうか、
あるいはリタイアの時期が予定よりも遅くなることを意味します。

一方、30代、40代前半でスタートさせる場合は、
最小限のリスクで運用していくことが可能です。

OECD(経済協力開発機構)のデータによると、
日本人男性が実際に退職する年齢は、平均で「69.5歳」となっています。

一方、内閣府が行なった「職業生活から引退すべき年齢」に対する意識調査では
「65歳ぐらい」と答えた人が42.1%となっていました。

つまり、本当は65歳ぐらいで引退したいのに、実は70歳近くまで働いている、
というのが現実のようです。

早めに行動に出ることが、自分の希望通りの年齢でリタイアするための第一歩なのです。

節税や法人化、資産形成に関するご相談や資料請求など承っております。

弊社は、医師や歯科医師、開業医を専門とした節税や資産形成のコンサルティングを行っております。
節税・資産形成の成功事例集の無料配送や資産形成に関するお悩み、プライベートなことまで承っております。
しつこい勧誘は一切行っておりません。安心してお問い合わせください。

カテゴリー:コンサルタント 山田 資産形成ブログ

山田 裕也(コンサルタント)

山田 裕也(コンサルタント)
会社で1番若いので、自分にも会社にもお客様にも「一生懸命であり、一生懸命になる」というのをやっていきますので、よろしくお願いします!!!
このコンサルタントの記事一覧はこちら

一覧へ
資産形成ブログ

カテゴリー

代表ブログ

カテゴリー

アーカイブ

  • 資産形成実践プロジェクト動画
  • ドクターズウェルスメディア
  • DR'S WEALTH MEDIA 3ヶ月無料購読
  • 開業医のための資産形成術
  • 開業医のための資産形成実践セミナー
  • ウェブドラマ 夏の日の決断
  • 幻冬舎GOLD ONLINE 恒吉雅顕連載
  • 成功事例冊子を無料プレゼント中!
  • 特別対談「医業に専念していただく」ことが大切!
  • 採用情報
お問い合わせ・無料相談

お電話でのお問い合わせ:0120-43-5410

お電話でのお問い合わせ:0120-43-5410

メールでのお問い合わせ:0120-43-5410お問い合わせはこちら


ページ上部へ戻る