事業継承・相続

退職金で取りきれないほどの利益が法人に残っている。

新医療法人であれば後継者がいなければ、法人の残余財産は国庫に帰属します。旧医療法人でも、多額の相続税が発生するケースが見受けられます。
目先の節税に気をとられていたばかりに、相続・継承のタイミングで多額の税金が発生するのは代表的な失敗事例と言えます。