『医師・歯科医師の将来ビジョンを達成させる』 為のコンサルタントスタッフブログ

2017.02.07ストックとフローの比率が重要!「投資スタイル」の設定で安定を目指す

54bbdd1ce11887f5356271e59daa0343_s

「投資スタイル」の設定とは、ファイナンシャルゴール時点から将来の生活の原資を、
預貯金などの資産を切り崩していくのか、それとも収益不動産の賃貸収入のような現金収入をメインにするのか……。
その比率を決定することになります。投資スタイルについては、
次の2つのパターンがあります。

・貯めて切り崩す(円外貨の預貯金、積立型養老保険など)

・作って受け取る(不動産賃貸収入、投信分配金、株式配当など)

リタイア後の生活費のために、
数多くの開業医は「現金」「預貯金」で貯め込む方法の資産形成を行なっています。
しかし、これまでに指摘したように、将来的に激しいインフレなどが発生した場合、
資産が目減りしてしまう可能性があります。
そのため、開業医としての事業収入に匹敵する「不労収入」を不動産の賃貸収入や株式などによって
得られる配当収入などによって確保することが大切になります。
いわゆる複数の「インカムゲイン(資産収入)」によって確保しようというものです。

 インカムゲインとは、保有している資産から定期的に入ってくる収入のこと。
たとえば、預貯金や債券などから受け取れる利子や信託の収益分配金、そして株式投資の配当などです。
収益不動産の賃貸収入もインカムゲインのひとつと言えます。
資産運用をするにあたって、どんな金融商品をメインに運用すればいいのか、
あるいはサブ的な商品として何を選択すればいいのか。
そうした運用商品を選択することが投資スタイルの設定です。
そこで、現時点での将来の収入構造をシミュレーションしてみましょう。
まずは、現在加入している国民年金などの公的年金、
及びリタイア後の収入になりそうな資産収入を、分かる範囲で概算してみます。

  (Ⅰ)公的年金(国民年金、厚生年金)

(Ⅱ)国民年金基金、確定拠出年金

(Ⅲ)保険医年金、歯科医師国民年金基金、医師年金など

(ⅳ)生命保険(個人年金)

(ⅴ)資産収入

この総額が、現役時代の収入の6割程度に達していれば大丈夫ということになるわけです。

ちなみに、(I)~(ⅳ)までの収入で「ボリューム(目標額)」
に達してしまえば(ⅴ)の資産収入は不要になってしまいますが、大半の人は難しいはずです。
そこで、キャッシュフローの不足額を割り出して、「インカムゲイン」で賄うことになりますが、
その場合の将来の「ストック」「インカムゲイン」の比率をシミュレーションしてみましょう。
ストックというのは、これまでに蓄えた資産のことで預貯金の積立を意味しますが、
使う時は切り崩して使うことになります。一方のインカムゲインは、使う時に切り崩す必要はありません。

 たとえば、貯めて切る崩す人資産の多い場合は、どうしても将来的に資金不足に陥る可能性が拭えません。
ストックだけでは長生きした時に、ある程度資産が目減りしていく可能性を想定しなければいけませんし、
ひょっとしたら急激なインフレなどによって、資産の急激な目減りがあるのかもしれません。
逆にインカムゲインが70%もあると、資産の額はほとんど減っていきません。
インカムゲイン中心のポートフォリオであれば、将来的に予期しないインフレなどがあったとしても、
賃貸収入や配当も同時に増えていくことが予想され、大きな目減りには至らないでしょう。
しかし、突発的な支出には心もとない感があります。
そこで、ストック50%インカムゲイン50%といった「投資スタイル」が理想となります。

3分簡単に診断出来る! ドクター節税診断

ご相談や資料請求を無料で承っております

カテゴリー:コンサルタント 山田 資産形成ブログ

山田 裕也(コンサルタント)

山田 裕也(コンサルタント)
大阪府出身
[ ●日商簿記1級 ●米国NLP協会™認定マスタープラクティショナー●相続診断士]
クライアントの「痒いところに手がとどく」コンサルタントとなり小さな問題から大きな問題、どんな事でも対応できるチームをご提供しています。
このコンサルタントの記事一覧はこちら

一覧へ
資産形成ブログ

カテゴリー

  • カテゴリーなし
代表ブログ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ

お問い合わせ・無料相談

お電話でのお問い合わせ:0120-43-5410

お電話でのお問い合わせ:0120-43-5410

メールでのお問い合わせ:0120-43-5410お問い合わせはこちら

LINE友だち募集中!

ページ上部へ戻る