ブログ

BLOG
医師・歯科医師に特化した総合資産管理コンサルティング
catch-img

誰も教えてくれない「医師のお金事情」|貯蓄にまつわる医師の本音

世間の一般的なイメージから、「医師になれば誰でも高収入を得られる」と期待して医師になった方もいるでしょう。しかし、実際に働き始めると期待していたような収入を得られず、不満に思っている若手の医師も多いのではないでしょうか。

当記事では、世間のイメージとは大きく異なる医師のお金事情について解説します。医師が早い段階から資産形成をスタートすることの大切さや、医師におすすめの資産形成の方法や相談先も併せて確認し、将来に向けた資産形成をスタートさせましょう。

目次[非表示]

  1. 1.医師のお金事情|世間のイメージと実情の違い
    1. 1.1.「世の中の医師全員が高収入」はウソ
    2. 1.2.たとえ高収入でも多額の税金が引かれる
    3. 1.3.医療ニーズの高さと給料が割に合っていない
    4. 1.4.お金の使い道がわからない
  2. 2.医師は早い段階で「資産形成」を始めることが大切!
  3. 3.医師におすすめな資産形成の手段
  4. 4.まとめ

医師のお金事情|世間のイメージと実情の違い

世間では「医師は高収入な職業」というイメージが広く浸透していますが、すべての医師が高収入を得られているわけではありません。中には、十分に高い収入を得ている医師もいますが、その一方で一般的な会社員とほとんど変わらない収入である医師もいます。

このように、世間が抱く医師の収入に関するイメージと実際の医師のお金事情には、大きなズレがあります。ここでは、医師のリアルなお金事情について詳しくチェックしましょう。

「世の中の医師全員が高収入」はウソ

ひとくちに「医師」と言っても、医師の働き方はさまざまであり、勤務医なのかフリーランス医師なのか、または開業医なのかによっても収入は大きく異なる場合があります。開業医やフリーランス医師は、仕事量や担当患者数などに応じて収入が増える可能性も高いでしょう。一方で、勤務医の場合、基本的には一定の基準にもとづく収入額となります。

また、勤務医の給与体系では、勤続年数の長さや役職、スキルの高さなどに応じて基本給や手当の金額が高くなるケースがほとんどです。若手と言われる20代では「平均年収500万~600万円」と、医師という職業の割にはやや低い水準となっていることに注意しましょう。

※出典:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況

さらに、医師としてスキルアップするためには、さまざまな研修や勉強会への参加や、資格の取得が求められます。勉強会や資格取得のための費用もかかるため、結果として、プライベートで自由に使えるお金がそれほど多く残らない場合があることも押さえておきましょう。

たとえ高収入でも多額の税金が引かれる

医師として高収入を得ている方でも、収入から所得税などの多額の税金・社会保険料を納める必要があるため、手取り収入は世間一般のイメージほど高くない場合があります。特に所得税は累進課税制度が採用されているため、収入が高くなるほど税金負担も大きくなることに注意が必要です。

特に所得額が800万~1,000万円前後の場合、収入額に対する税金負担の割合が高いため、経済的な負担を感じやすいでしょう。子育て世帯の場合は、児童手当や子どもの医療費補助、高等学校等就学支援金などの補助を所得制限によって受けられない可能性もあります。頑張って働いている割に、自由に使えるお金は多くはない点に注意しましょう。

医療ニーズの高さと給料が割に合っていない

一般的な会社員などと比べると医師の給与水準は高い傾向があるものの、給与額が業務の内容・量に見合っていないと考える医師も少なくありません。近年では高齢化が急速に進み、高齢者医療のニーズも急激に高まってきました。また、新型コロナウイルスの影響で労働量が増えた医師も多いでしょう。

このように医療ニーズが高まっている一方で、増大する社会保障費を日本政府が賄えなくなりつつあるという問題もあります。医療費を節約しながら医療ニーズに応えるために、医師などの人件費を削減せざるを得ない医療機関もあるでしょう。業務量や労働時間は変わらず多いにもかかわらず、給料は増えないというケースも把握しておくことが大切です。

お金の使い道がわからない

医師として高い収入を得ていても、お金の使い道がわからないために上手に資産を運用できていないケースも少なくありません。

例えば、高収入であることを理由にして医師同士で生活水準の高い付き合いをしていれば、得た収入をあっという間に散財してしまうでしょう。反対に、多忙な日々で特にお金の使い道がなく、自然と預金残高が増えているケースもあります。預金額が増えることは悪いことではないものの、預金利息にも税金が発生することに注意してください。

医師は早い段階で「資産形成」を始めることが大切!


他の業種・職種と比べると給与水準が高い傾向にある医師ですが、将来に向けて十分な資産を残していくためには、早い段階から「資産形成」を始めることが重要です。「資産形成」とは、「貯蓄」に加えて元本が保証されないリスクを伴う「投資」をしながら、資産を増やしていくことを指します。

医師は高収入を目指せる職業ではありますが、開業医は破綻のリスク、勤務医やフリーランス医師では病気やケガで働けなくなるリスクなどもあります。「将来にわたって長く医師として働けるか」といったポイントは、多くの医師が抱える不安の1つと言えるでしょう。

また、どのような職業・年代の人の場合でも、一度上がった生活水準を収入低下に応じて下げることは簡単なことではありません。特に、安定して高い収入を得やすい医師は、その傾向が強く見られます。将来的に収入が下がってしまう可能性も考慮した上で、資産を残していく必要があるでしょう。

「支出を減らして貯金額を増やす」「他の収入源を確保する」などの方法で資産を大切にすることも重要ですが、負担も大きいため長続きしない可能性があります。節約や副業・ダブルワークで資産を大幅に増やすことは現実的ではないことから、大きな安心につながるわけではないでしょう。

比較的若い医師であれば、転職やキャリアチェンジによって年収アップを実現することも不可能ではありません。しかし、将来の不安を最大限解消するためには、収入を活かして「お金を運用すること」を重視した資産形成を早めに始めることがおすすめです。

資産形成はいつからでもスタートできますが、長期で行うと成功しやすいと言われています。退職後や老後からの資産形成はリスクも大きいため、なるべく早い段階から開始して長期間の資産運用を行いましょう。

  医師に資産形成が重要な理由|資産形成の考え方と4つの選択肢を解説|株式会社インベストメントパートナーズ 「幸せなリタイア」を実現するためには、たとえ医師であっても資産形成が欠かせません。当記事では、現役で働く医師にも資産形成が重要な理由と「幸せなリタイア」のために必要な考え方、医師に向いた資産形成の方法を徹底解説しています。 インベストメントパートナーズ公式サイト
  医師が資産運用を行うべき理由|おすすめの資産運用方法6選 平均的な収入が高い医師は、今後の生活に備えて現在の資産を有効に活用できる「資産運用」がおすすめです。当記事では、医師が資産運用を行うべき理由と医師におすすめの資産運用方法6つを詳しく解説しているため、ぜひご覧ください。 インベストメントパートナーズ公式サイト

医師におすすめな資産形成の手段

資産形成における「貯蓄」と「投資」の適切なバランスは、個人の状況によって異なります。ただし、高収入を狙いやすく生活防衛資金としての貯蓄も確保しやすい医師の場合、「お金を運用すること(投資)」を重視した資産形成がおすすめです。ここでは、代表的な投資方法である「不動産投資」「株式投資」の2つについて簡単に確認しましょう。

■「不動産投資」「株式投資」の概要

〇不動産投資

マンションやアパート、土地といった不動産に投資し、利益を得る方法です。家賃収入を得る方法のほか、不動産の購入額と売却額との差額で利益を得る方法もあります。ただし「空室があると家賃収入が減る」「固定資産税や修繕費などのコストが必要」などのリスクもあることに注意しましょう。


〇株式投資

企業が発行する株式を、購入時点よりも株価が高い時点で株式を売却することで、その差額を利益として得る方法です。長期間株式を保有することにより配当金や株主優待を得ることもできます。市場の動向や企業の経営状況を定期的にチェックし、損失が出ないよう運用することがポイントです。

早い段階から資産形成に取り組むことで、将来的な備えができることはもちろん、あらゆる節税効果を得られるというメリットもあります。しかし、節税に関する知識がなければ、余計な税金を納めることにつながる可能性も高まるでしょう。資産形成を行う際には、税金や資産運用に詳しい専門家に相談しながら進めることが大切です。

  医師の節税として「不動産投資」がおすすめな理由・注意点も徹底解説|株式会社インベストメントパートナーズ 収入が多く納税額が高まりやすい医師は、節税として不動産投資がおすすめです。当記事では、医師が節税対策として行う不動産投資について、行うべき理由・3つの種類・行う前に知っておくべき注意点を徹底的に解説しています。 インベストメントパートナーズ公式サイト
  医師には「投資」をするべき!主な種類と成功する医師の共通点も解説|株式会社インベストメントパートナーズ 高収入の医師は、資産を増やしながら大きな節税効果も得られる商品を購入しやすいことが特徴です。今回は、医師向けの投資方法、投資家として成功している医師の共通点を徹底解説しています。投資に興味のある医師は、ぜひ当記事をご覧ください。 インベストメントパートナーズ公式サイト

まとめ

医師の収入は働き方や年齢などによって異なるため、誰でも高収入を得られるというわけではありません。高収入を得ている場合でも、税負担が大きいなどの理由から思ったような収入を得られていない方も多いでしょう。経済的に安心できる将来を目指すためには、早い段階から投資を重視した資産形成に取り組むこと必要があります。

大切な資産を無駄なく運用するためには、税金に関する制度や資産形成に詳しい専門家に相談しながら資産形成を進めることが大切です。資産をうまく運用して十分な資産を残すためにも、医師・歯科医師の資産運用サポートに豊富な実績をもつ「インベストメントパートナー」にぜひご相談ください。

  ご相談・お問い合わせ|株式会社インベストメントパートナーズ-医師に特化した資産形成 インベストメントパートナーズへの、医師・歯科医師の方からご相談・お問い合わせ専用フォーム。 インベストメントパートナーズ公式サイト

医師の節税成功事例集プレゼント

※本記事の内容は、作成時点の制度・規制・規約・市況などの情報を基にして作成しております。改正等により記載内容の実施・実行・対応などが行え場合がございますので予めご了承ください。最新情報に基づいた内容などについては、「ご相談・お問い合わせ」ページからご確認いただけますと幸いです。

人気記事ランキング

タグ一覧