成功事例

SUCCESS
医師・歯科医師に特化した総合資産管理コンサルティング

地域の患者さんの為に医療の質を向上・体が動く限り仕事を続けたい/個人開業医:S様

-税金が高く手元にお金が残らない状況に加え、リタイア後の年金も当てに出来ない状況もあり不安であったが、コンサルティングにてキャッシュフロー額を増加させる事に成功-

◼︎医院形態 個人開業医
◼︎収入 2,000万円(ご本人)/1,300万円(配偶者)
◼︎預貯金 約2,500万円
◼︎年齢 49歳
◼︎家族 配偶者
(48歳)/長男(20歳)/長女(15歳)
---------------------------------------
◼︎医院開業年数 15年目
◼︎医院売上 約8,000万円
◼︎医院スタッフ数 12名
◼︎借入総額 なし
◼︎年間保険料 約180万円
◼︎小規模企業共済 1,100万円(ご本人)

導入したコンサルティングサービス

保険見直し

生活必要最低限のキャッシュフローを不動産収入で構築

インフレ動向にも対応できるようポートフォリオを変更

・税金が高くて手元にお金が残らない 
・年金も当てに出来ないので、リタイア後の準備を始める必要性を感じている
・将来的に年金不安など社会情勢に変化があっても、やりたいことを続けられる状態にしたい

■導入したコンサルティングサービス詳細

  • 保険見直し

ご夫婦ともに加入されていた、利回りの低い養老保険や掛け捨ての終身保険、保障内容や期間の狭い医療保険などをS様のライフプランに合うように再設計したことで、支払い保険料を約80万円削減しつつ、死亡保障はそのままに、3大疾病、介護、傷害等の保障を手厚くし、一生涯の保障に切り替えることに成功。


  • 生活必要最低限のキャッシュフローを不動産収入で構築

80歳以降手薄くなる保障を、月額約35万円の不動産所得で補い、必要最低限のキャッシュフローを構築。
同時に、事業所得と不動産所得を損益通算することにより、約130万円の節税に成功。


  • インフレ動向にも対応できるようポートフォリオを変更

投資カウンセリングを行った結果、比較的安定した収益を見込め、インフレにも強い不動産をコアに置き、サテライトにはインデックスファンドや、ETFの長期積立投資、外貨建ての保険商品などを組み入れることで、資産ポートフォリオのバランス改善に成功。

■このような解決をしました

コンサルティング前後での、「金融資産残高の推移金融資産残高の推移」「理想のキャッシュフロー月額」を比較。

金融資産残高の推移
キャッシュフロー推移

■S様からのコメント

医療に集中できる環境をサポートいただき、また何でも相談出来るパートナーです。


元々投資には興味があり、知りたいことはとことん知りたい性格なので、毎回のセッションで金融リテラシーを上げてもらえて、良い刺激をもらっています。

また、本業が一番大事なので、医療に集中できる環境をサポートしていただいていることでも非常に助かっています。
コンサルタントの方とお互いの仕事の話になると、つい熱くなってしまって、いつも長話してしまいますが、それが楽しみでもあります。年齢はうんと私の方が上ですが、何でも相談できる良きパートナーです。

■担当コンサルタントからのコメント

将来の心配をされていましたが、将来働けなくなった時に今の生活レベルを落とさない事を前程にコンサルティングをスタートしていきました。


S様の最初の印象は、資産形成に関して学ぶ意欲がお強い方だなと感じました。
日本の将来についてネガティブな情報がつい耳に入ってくることで、漠然とご自身の将来を心配されていました。

その為、将来の人生設計を建てる前に、まずは今若しくは将来、働けなくなった場合でも、今の生活レベルを落とさなくても大丈夫な状態をつくることを最初の目標とし、コンサルティングをスタートさせました。

※本記事の内容は、作成時点の制度・規制・規約・市況などの情報を基にして作成しております。改正等により記載内容の実施・実行・対応などが行え場合がございますので予めご了承ください。また、収益額・節税効果を保証するものではございません。最新情報に基づいた内容などは、「ご相談・お問い合わせ」ボタンからお問い合わせいただけますと幸いです。