お客様の声

VOICE
医師・歯科医師に特化した総合資産管理コンサルティング
詳しいサービス内容を知りたい方
無料カウンセリング随時受付中

患者さんの笑顔を維持させ、子供への医院継承時に「継いで良かった」と言ってもらいたい

三重県/医療法人昭友会 中嶋歯科医院 院長:中嶋正明様
お名前 中嶋 正明 様
医院名 医療法人昭友会 中嶋歯科医院/院長
エリア 三重県津市

抱えていた課題・悩み

■父親からの医院継承において「これからどうなっていくのか」という不安。
■継承とは別に、医院の移転を考えており、先が読めないことでの不安。
■医院経営での「どんぶり勘定」になっている状況。

コンサルティングを受けて…

■医院運営において「何が足りないか」「気を付ける点は何か」が明確になった。
■子育てに掛かる費用・老後の資金シミュレーションを数字・グラフなどで確認できたことで、資産形成でも目標値が明確になった。
■資産形成におけるリスク回避策ともなる、資産の分散投資など総合的なプランニングが実施できた。

インタビュー内容

三重県津市・中嶋正明様インタビュー

Q.自己紹介をお願いします。

中嶋歯科医院の院長・中嶋正明と申します。

Q.開業されてどれくらいになられますか?

中嶋先生

父から継承をしまして、移転して今の医院になってから丸8年になります。
歯医者になってからは20年くらいになります。
京都で9年くらい修行をいたしまして、父と3~4年一緒に仕事をしました。

その後、今のところに移転しました。

Q.医院の方針というものはありますか?

中嶋先生

基本的な一般的な保険治療は当然ですが、インプラントであったりとか審美治療であったりとか、あとは衛生士によるメンテナンスに重きを置いています。

Q.コンサルティングを受けられる前は、どのような課題をお持ちでしたか?

中嶋先生

父と一緒に仕事をはじめて、その後、父から僕が継承をする上で、これからどうなっていくのだろうと不安に思っていました。
それと、移転も考えていましたので、その部分で先が読めないというか、色々なことで不安に思っていました。
そんな時にちょうどインベストメントパートナーズさんと出会えたのです。

Q.多くのコンサルティング会社がある中で、どうしてインベストメントパートナーズを選ばれましたか?

中嶋先生

数ある電話のほとんどが標準語で東京からかかってくる電話が多かった中で、インベストメントさんからは関西弁で電話がかかってきました。
もともと僕自身は京都で働いていましたし、妻も京都の人間なのです。

どちらかと言うと関西に好感を持っていたと言いますか、京都は第二の故郷と思っていますので、関西人からの電話でまずは“一つの壁”をすぐに超えました。
それと、僕自身がその電話ですごく話しやすかったんです。いわば、僕がすごく話しやすい環境を作ってくれたというのが一番大きかったと思います。

Q.コンサルティングを受けられて、どのような変化がありましたか?

中嶋先生

今までずっと僕自身がどんぶり勘定で生きてきたので、開業して医院を運営していく上で、
“何が足りないのか”
“どういった事に気をつけないといけないのか”

また、プライベートでも、
“後々どれだけ子供にお金がかかるのか”

“自分たちが生きていく上でどれだけの老後の資金を貯めておけば良いのか”

など全く知らずに生きてきたので、コンサルを受けてどれだけ足りないですよと言ってもらえて有り難かったです。
僕は不動産にも興味があって、資産を分配しておくことがリスク回避になるというのも知らなかったので、色々なお話を聞けて良かったと思っています。

Q.なぜそのような変化があったと思われますか?具体的な理由はありますか?

中嶋先生

実際にグラフにしてもらって、数字を見せてもらったのが一番良かったです。
先ほども言いましたが、どんぶり勘定ですので“なんとかなるだろう”と思って生きてきましたので、その数字を見た瞬間に“なんともならんやろ”と思ったんですね。
年金とかもどうなるかわからない状況で、年金の代わりになるものはこういった方法がありますよ、保険も含めて色々な方法があるという選択肢を与えてもらったのが、ものすごく有り難かったですね。

Q.インベストメントパートナーズの10周年記念式典にご参加いただき、どのように感じられましたか?

中嶋先生

このパーティーは本当に楽しくて、川口社長を含めてスタッフの皆さん“いきいき”と、ものすごく楽しそうに仕事をされているなと肌で感じました。

やはり、10周年で伸びている会社の社員の方は違うなと感じました!
参加されている先生方も、ものすごく楽しい方ばかりで、仕事でもプライベートでもすごく余裕のある先生方なんだなと感じました。
そこに参加させていただいたのは、すごく有り難かったですね。

Q.10周年記念式典でのインベストメントパートナーズの想いや取り組みに共感できる部分はありましたでしょうか?

中嶋先生

企業って売り上げをベースに考える方が多いのですが、それは僕たちにしてもそうですが、(インベストメントパートナーズさんは)ものすごく顧客ベースに考えられている、お互いが一緒に良い思いをしましょうというか、一緒に伸びていきましょうというスタンスが“ひしひし”と伝わってきました。
それは僕らにも言える事で、患者さんが幸せにならないと僕たちの経営は成り立たないと言いますか、患者さんあっての僕らですので、そういった意味でも凄く共感できました。

Q.資産形成をする前と資産形成をした後では、思いに関する変化はありますでしょうか?

中嶋先生

元々、不動産に興味があるというお話を先ほどしましたが、資産というのは有れば有るだけ僕は良いと思ってます。
同じ開業をしたとしても、資産があって医院を建てて借金無しで開業した方もいれば、全て借金で開業した人もいます。
僕は借金を返す事を糧にしていますが、やはり精神的にも借金が無いというのは有り難い事でもありますし、気持ちにも余裕が生まれると思います。

そう考えると、子供にもできるだけ自分で資産を作ったうえで、それを継承してあげられたら良いなと。

子供のためにも、少しずつですが譲れるだけの資産を作れたら良いなと思っています。後々どれくらいのの相続税が掛かるかは知りませんが、そこはインベストメントパートナーズさんに丸投げして、子供に一番良い条件で引き継いであげてとお願いすると思います。

Q.インベストメントパートナーズのコンサルティングは、どんな方にお勧めできますか?

中嶋先生

親子継承を考えている先生方。
それと、開業して自分でこれから経営なり、資産を作っていかないといけない先生にはお勧めだと思います。

Q.今後、インベストメントパートナーズ期待してることは何かありますか?

中嶋先生

インベストメントパートナーズさんは、色々な職種の方と連携されていまして、色々な資格を持ったプロの方と横のつながりを持たれている会社ですので、普段から分からない事があれば全部聞いて丸投げをして答えを待っているような状況です。
ですので、これからも分野の違う悩みなどもドンドン聞いてもらうブレーンになっています。

Q.最後に、仕事とプライベートの目標を教えてください。

中嶋先生

地域医療に関して、これからも地元のうちに来てくださっている患者さんの笑顔を維持できれば良いなと思っていますし、後々、子供たちに継承する時に「うちの医院を継いで良かった」と言ってもらえるような仕事をこれからもしていきたいと思っています。
プライベートに関しては、元々ダイビングや旅行が好きで、沖縄には年に一回は最低行かないとおかしくなってしまいますので、妻も京都の人間ですので、沖縄と京都、そして地元と、季節によって転々と動いて楽しみたいなと思います。

※本インタビューの内容は個人の感想であり効果を示すものではございません。実施されている施策内容は、制度改正等などにより実行・対応などが行え場合がございますので予めご了承ください。ご相談・ご質問がございましたら、相談・お合わせフォームよりご確認いただけますと幸いです。